アップルの新プログラミング言語「Swift」、バージョン1.0に到達

川村インターナショナル ZDNet Japan Staff
2014-09-10 14:57:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「Swift」チームは米国時間9月9日、新プログラミング言語Swiftがバージョン1.0に到達したことを発表した。

 Swiftは6月の「Worldwide Developers Conference」(WWDC)で、Appleが披露したプログラミング言語。Appleはこの新言語を「高速で現代的、安全でインタラクティブ」なプログラミング言語だと表現している。「iOS」デバイス向けアプリを作成するためだけではなく、「OS X」向けのアプリも作成できる。

 同ブログには「(Swiftを発表した6月2日は)われわれと世界中の開発者にとって、興奮に満ちた重要な1日になった。そして9月9日、われわれは2つ目の大きなマイルストーンに到達した。そのマイルストーンとは、Swiftバージョン1.0がゴールデンマスター(GM)に達したことである」と書かれている。

 これにより、開発者はSwiftを使用するアプリを「App Store」に公開できるようになったという。

 このたび、GM版に達したのは「iOS」のSwift。「Mac」のSwiftは、Yosemiteが登場すればGMに到達する。それまでは、「Xcode 6.1」のベータ版をダウンロードして、SwiftでMac向けアプリ開発を続けることができる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ