PaaS「IBM SmarterCloud Application Services」がPHPに対応

山田竜司 (編集部)
2013-08-23 07:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 日本IBMは8月22日、PaaS「IBM SmarterCloud Application Services(SCAS)」でPHPの対応を開始した。

 今回、SCASにZendのPHP Serverを利用できる機能を追加し、「Zend Server V6 Apprication Pattern for PHP」という“仮想アプリケーションパターン”として提供する。PHP Serverを利用すると、あらかじめ構成されたPHPの開発環境と実行環境を準備できるため、ウェブサービス開発者は、開発期間の短縮やライフサイクル管理の効率化が実現し、開発業務に注力できるとメリットを説明した。

 SCASは、IaaS「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」上で稼働するPaaSとして提供され、SCEを契約するユーザーであれば、追加の契約は必要ない。

 SCASの価格はサービスや機能、使用する仮想パターンごと、ユーザー数や使用時間などにより決まる。

 SCASは、クラウドでのアプリケーションの開発環境とアプリケーションをライフサイクル全体で管理する機能を統合している。効率的な開発と運用管理の負担やコストを軽減でき、開発と運用が連携する“DevOps”を推進しているという。具体的には、アプリケーションの開発や構成、保守などに必要な情報をあらかじめ定義したパターンや仮想イメージに落とし込んで、開発期間の短縮やライフサイクル管理の効率化、運用の半自動化を目指している。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ