PhoneGap、Titanium、Sencha--それぞれ異なるモバイルアプリ開発のアプローチ

杉山貴章(オングス)
2012-01-18 15:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JavaScriptでネイティブアプリが作れる「Titanium Mobile」

 Titanium Mobileは、Appceleratorによって開発されているモバイルアプリケーション向けの統合開発環境である。オープンソースで提供されており無料で利用できるが、サポートや拡張機能が利用できるサブスクリプションサービスも用意されている。

 Titanium Mobileでは、iOSやAndroidで動作するネイティブアプリケーションをJavaScriptで作成することができる。JavaScriptだけでなく、内包するWebレンダリングエンジンによって、HTML5やCSS3などのWeb技術も利用することができる。

 PhoneGapとの大きな違いは内部でネイティブコードへの変換を行う点だ。PhoneGapはWebアプリをネイティブで動作させるというアプローチがベースになっているが、Titaniumの場合はあくまでもネイティブで動作するバイナリを生成するというアプローチになる。そのため、(Objective-Cなどの)ネイティブのアプリケーションと遜色のない実行速度を実現することができる上、デバイス固有の機能についてもほぼすべてが問題なく利用できるという点が大きな強みとなっている。

ネイティブアプリ風のWebアプリが作れる「Sencha Touch」

 Sencha Touchは、Sencha社によって開発されているHTML5 / CSS3 / JavaScriptベースのWebアプリケーションフレームワークである。GPLv3にもとづいて無料で利用できるが、GPLが適用できないケースに向けた商用ライセンスも用意されている。日本向けにはExt Japanがサポートを提供している。

 Sencha Touchは、前述の2つのツールとは違ってあくまでもWebアプリ開発のためのツールであり、ネイティブアプリ開発をターゲットとしたものではない。しかし、そのUIや操作性がモバイル端末用に設計されているため、モバイルアプリ開発の現場で広く利用されている。

 Sencha TouchはJavaScriptライブラリのExt JSをベースに開発されており、Web技術を利用した豊富な機能やデザインを備えている。最大の特徴は、UIや操作性がモバイル端末をターゲットに特化されているため、ネイティブアプリと同様のユーザーエクスペリエンスを実現できる点にある。iOSやAndroidのネイティブUIと同じデザインのコンポーネントやウィジェットが用意されており、タッチ操作を前提としたスタイルが利用できるため、Webブラウザ経由でアクセスするという点を除いてはネイティブアプリと同じ感覚で利用できるというわけだ。

 Webアプリなのでデバイス固有の機能は使えないが、audioタグやvideoタグ、ローカルストレージなどといったHTML5の機能を最大限に利用することで、ネイティブアプリと遜色のない柔軟性を実現できているという点も高い評価を得ている。

まとめ

 この他にも、モバイルアプリ開発をサポートする開発ツールはたくさんある。以前紹介したjQuery Mobileもその代表格と言える。単体で使うだけでなく、複数のツールやフレームワークを組み合わせて利用するという選択肢もある。例えばjQuery Mobileは公式にPhoneGapをサポートしているし、TitaniumやSencha Touchと合わせて使うこともできる。

キーワード解説一覧

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]