Really Simple HistoryでAJAXにブックマーク機能と履歴機能を付加する

文:Tony Patton(Special to TecRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-03-04 13:53:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RSHを使う

 RSHフレームワークを実際に利用する手順はわかりやすいものだ。最初に行うことは、必要なファイルをインクルードすることだ。rs.jsとjson2007.jsという2つのJavaScriptファイル(あるいは圧縮されたファイルを使っても良い)に必要なものはすべて含まれている。RSHフレームワークを使ったページはすべて、次のコード断片に示すようなインクルードを行う必要がある。



 これらのインクルードファイルへのパスは、インストールの仕方に依存する。私の開発マシンでは、RSHはウェブサーバのRSH0.6FINALディレクトリにインストールされている。必要なスクリプトファイルへを参照するほか、スクリプトファイルと同じディレクトリにInternet Explorerで使われるblank.htmlファイルも置く必要がある。

 RSHフレームワークは、履歴機能を実現するためdhtmlHistoryという名前のグローバルオブジェクトを作成する。これは、ブラウザの履歴を操作するための入り口となる。

 dhtmlHistoryオブジェクトを扱うには、まずインスタンスを生成し初期化を行う。オブジェクトはページのonLoadイベントで初期化される。この初期化は、dhtmlHistoryオブジェクトのinitializeメソッドを呼び出すことで行う。あらゆる履歴に関する行動を監視するため、dhtmlHistoryオブジェクトにイベントを追加する。

 次のコード断片は、これを行うための例を示している。


 エントリを追加するにはdhtmlHistoryオブジェクトのaddメソッドを使う。historyStorageオブジェクトは、中身を操作する手段としてgetメソッドとsetメソッドを提供している。オブジェクトに関するより詳細な情報と使い方については、RSHのウェブサイトを参照して欲しい。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]