Ext JSによるウェブインターフェースの開発

文:Tony Patton(Special to TecRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-02-26 17:07:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ext JSの入手方法

 Ext JS 2.0.1はExt JSのサイトからダウンロードできる。ダウンロードされるファイルはzipファイルで、この中にこのフレームワークを使うために必要なものはすべてあり、フレームワーク全体に加えすべてのソースファイルが含まれている。テストのためにファイルをウェブサーバにインストールするのは簡単だ。

 私の開発サーバでは、ダウンロードファイルをunzipしてExt JSディレクトリとその中身をIISサーバにコピーしている。私のテストインストール環境のローカルパスはc:\inetpub\wwwroot\ext-2.0.1だ。このディレクトリにはさらに、付属文書、例、ソースコードなどのためのサブディレクトリがある。

 Ext JSはクライアント側のフレームワークは、POST要求を処理し、構造化データを返すことができるあらゆるサーバプラットフォームをサポートしている。サーバ側では、バックエンドの処理方法に複数のオプションが用意されている。これ以上の情報については、Ext JSのマニュアルを参照して欲しい。

 Ext JSのライセンスには、オープンソースライセンスと商用ライセンスがあり、Ext JSを自分のアプリケーションで使う場合にはこの2つの選択肢がある。また、Ext JSサイトのフォーラムでは無料のサポートが提供されており、有料サポートも存在する。

Ext JSについてもっと知りたい場合には

 Ext JSの付属文書は大したもので、他のこのようなツールでは通常見られない水準のものだ。オンライン上には、ダウンロードファイルに含まれているもの以外の文書もある。

 Ext JSの核はJavaScriptだが、適切に扱うためにはJavaScript以外の知識も若干必要となる。幸いなことに、Ext JSのサイトでは、このフレームワークについて学ぶためのさまざまなオプションが提供されている。前述の文書以外にも、ダウンロードファイルには実例の入ったディレクトリが用意されており、Ext JSの機能を活用したサンプルコードが収められている。また、ウェブサイトにはさまざまなチュートリアルやその他の学習の手助けとなるものが用意されている。

簡単さ

 あらゆるウェブ開発フレームワークは、アプリケーション開発を単純化し合理化すると謳っているが、多くのものはそのゴールまで至っていない。Ext JSは使いやすい開発モデルを提供するという約束を守っている。また、Ext JSは進化し続けており、新機能の追加や強化が行われている。

 読者は自分のウェブアプリケーションでどのJavaScriptフレームワークを使っているだろうか。その経験をウェブ開発コミュニティと共有して欲しい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]