Perl 6の動作を目指すVM--Parrot 0.5.2

原井彰弘
2008-01-17 15:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Parrotプロジェクトは1月15日、バーチャルマシン「Parrot」の新しいバージョン「Parrot 0.5.2」をリリースした。

 Parrotはレジスタベースのバーチャルマシン(VM)。多くのプログラミング言語に対応した汎用のバーチャルマシンを目指して開発が続けられているが、実際にはPerlの次期バージョンであるPerl 6を動作させることが大きな目的の一つとなっている。

 今回リリースされた新バージョンでは、Parrotのソースコードを入手した後「make perl6」というコマンドを実行することで、Perl 6の実行ファイルをビルドできるようになった。また、一風変わったプログラミング言語「LOLCODE」の実装が追加された。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]