builder by ZDNet Japanをご愛読頂きありがとうございます。

builder by ZDNet Japanは2022年1月31日にサービスを終了いたします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

JavaScriptの技法:データ構造を配列で作成する

文:Nick Gibson(Builder AU)  翻訳校正:原井彰弘
2008-01-09 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタックでは、pushメソッドはpopメソッドと共に使用される。popメソッドは同じく配列オブジェクトに存在するメソッドで、配列の最後の要素を削除してその値を返す機能を提供する。普通は、このとき配列に追加された最後の要素が取り出される。ちなみに、このメソッドも配列の長さに影響を与える(アイテムが削除されると配列の長さが1減る)。リストDの例では、popメソッドとpushメソッド双方を使用して、配列をスタックのデータ構造として使用している。

リストD


JavaScript stack

 このコードを実行すると、以下の出力が生成される。

2
4
3

 ところで、これらのメソッドの機能は少々重複する。なぜなら、shiftメソッドとunshiftメソッドを用いてもスタックのデータ構造を実現することが可能だからだ。そこで、リストEではこのコードをshiftメソッドとunshiftメソッドの組み合わせで書き直している。

リストE


JavaScript Stack

 また、先ほどのキューの例は、unshiftメソッドとpopメソッドを用いてリストFのように書き直すことも可能である。

リストF


JavaScript Queue using unshift/pop

選択肢は多数

 ほかの開発言語と同様に、JavaScriptにも特有の奇妙な動作が存在する。配列をさまざまな用途に利用できるのはそのよい例だろう。配列だけでスタックやキューといったデータ構造を簡単に利用できるのだ。ただし、これらのデータ構造は、ウェブアプリケーション構築時に自由に利用できる数多くの機能の一つにすぎない。

ブログの新規登録は、2021年12月22日に終了いたしました。

folllow builer on twitter
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]