Adobe Acrobat 9--音声やクイズを埋め込んでeラーニング

福田昌弘
2008-07-01 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PowerPointスライドに音声を埋め込む

 Adobe Acrobat 9 Pro Extendedをインストールすると、Microsoft PowerPointのリボンに[Adobe Presenter]タブが追加される。

[Adobe Presenter]タブ [Adobe Presenter]タブ

 [Adobe Presenter]の[録音]コマンドを使うと、PowerPointのスライド表示に合わせて音声を録音できる。実際の操作では、まず[録音]をクリックしてマイクの録音レベルを設定する。

録音レベルを設定するダイアログボックス 録音レベルを設定するダイアログボックス

 この後、スライドごとに音声による解説を録音する。

スライドごとに解説を録音 スライドごとに解説を録音

 録音を終えたら[Adobe Presenter]の[パブリッシュ]コマンドを選択して[プレゼンテーションをパブリッシュ]ダイアログボックスを表示する。[プレゼンテーションをパブリッシュ]では、Flashムービーを作成する[マイコンピュータ]、サーバーにアップロードする[Adobe Connect Pro]、PDFファイルを作成する[Adobe PDF]のいずれかによって、PowerPointの内容を配付できる。

[プレゼンテーションをパブリッシュ]ダイアログボックス [プレゼンテーションをパブリッシュ]ダイアログボックス

 たとえば、[Adobe PDF]を指定したときには、次のようなPDFファイルが作成される。このPDFファイルは、Adobe Reader 9を含むAdobe Acrobat 9ファミリー製品で開くことで、音声を含めた再生が行える。

Adobe Acrobat 9による再生 Adobe Acrobat 9による再生

クイズで理解度をチェック

 [Adobe Presenter]には、クイズを作成するためのコマンドも用意されている。PowerPointのスライド内にクイズを追加することで、理解度を確認しながら表示を進めたり、学習の成果を判定したりできる。

 [Adobe Presenter]の[クイズ]で[管理]コマンドをクリックすると、[クイズマネージャ]ダイアログボックスが表示される。[クイズマネージャ]を使うと、複数選択、正誤、穴埋め、短文記述、照合、評価尺度の6種類のクイズが作成できる。

[クイズマネージャ]ダイアログボックス

 作成したクイズは、自動的にPowerPointのスライド間に埋め込まれる。

スライド間へのクイズの挿入 スライド間へのクイズの挿入

 そして、先ほど示した音声と同じく、[パブリッシュ]コマンドを使うことで、クイズを埋め込んだスライドも配付できる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]