Adobe Acrobat 9--Acrobat.comでライブコラボレーション

福田昌弘
2008-06-17 22:51:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordやPowerPointのファイル内にビデオを埋め込む

 Adobe Acrobat 9 Pro Extendedをインストールすると、Microsoft WordやPowerPointのファイルにビデオデータを埋め込めるようになる。たとえば、Word 2007では[Acrobat]タブに[ビデオを埋め込む]コマンドが表示される。

[Acrobat]タブの[ビデオを埋め込む]コマンド [Acrobat]タブの[ビデオを埋め込む]コマンド

 [ビデオを埋め込む]をクリックすると、ビデオデータとスキンを指定する[ビデオを挿入]ダイアログボックスが表示される。

[ビデオを挿入]ダイアログボックス [ビデオを挿入]ダイアログボックス

 指定を終えてビデオデータを埋め込んだらPDFファイルを作成する。これだけの操作で、WordやPowerPointのファイルをベースにしたPDFファイルにビデオが埋め込まれる。そして、このPDFファイルをAdobe Reader 9を含むAdobe Acrobat 9ファミリーの製品上で開くと、ビデオデータが再生できる。

Acrobat.comでの共有

 Adobe Reader 9を含むAdobe Acrobat 9ファミリー製品では、Acrobat.comを利用してPDFファイルを共有できる。Acrobat.comは、Adobeが検討を続けているホスティングサービスで、現在はβ版として提供されている。

 Acrobat.comを使ってPDFファイルを共有するときには、ツールバーに表示されている[コラボレーション]から[文書をAcrobat.comで共有]や[送信してライブコラボレーション]を選択する。

[コラボレーション]ツール [コラボレーション]ツール

 たとえば、[コラボレーション]で[送信してライブコラボレーション]を選ぶことで、Acrobat.comを経由してPDFファイルを共有し、リアルタイムで修正や確認が行える。

Acrobat.comを使ったライブコラボレーション Acrobat.comを使ったライブコラボレーション
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]