Adobe Acrobat 9--Acrobat.comでライブコラボレーション

福田昌弘
2008-06-17 22:51:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webページの表示をきちんとPDFに出力

 Adobe Reader 9を除くAdobe Acrobat 9ファミリー製品をインストールすると、Internet Explorerのツールバーに「Adobe PDF」が追加される。前バージョンであるAdobe Acrobat 8でもAdobe PDFは提供されていたが、その機能はAcrobat 9で大きく向上している。

Acrobat 8(左)とAcrobat 9(右)でのAdobe PDFメニューの違い Acrobat 8(左)とAcrobat 9(右)でのAdobe PDFメニューの違い

 一見してわかる違いは[選択]ボタンの存在だ。[選択]はトグルボタンになっており、ONの状態にするとウェブページ上の必要な部分のみをPDFファイルとして保存できる。

 また、Acrobat 9でのAdobe PDFでは、Webページの表示を「きちんと」PDFファイルに出力できるようになった。この機能追加はAdobe PDFの環境設定によく現れている。

Acrobat 8での環境設定(上)とAcrobat 9での環境設定(下)の違い Acrobat 8での環境設定(上)とAcrobat 9での環境設定(下)の違い

 実際にウェブページの表示内容をPDFファイルに出力したときの違いを示そう。ここでは、Acrobat 8とAcrobat 9をインストールしたWindows環境それぞれで、Internet Explorerを使ってZDNet Japanを表示し、その内容をPDFファイルに出力した。ちなみに、出力したPDFファイルの内容は、Adobe Acrobat 8 Professionalで表示している。では、まずAcrobat 8のAdobe PDFによる出力結果だ。

Acrobat 8のAdobe PDFによる出力結果 Acrobat 8のAdobe PDFによる出力結果

 次に、Acrobat 9のAdobe PDFによる出力結果を示す。両者の違いは、一見するだけで明らかだろう。

Acrobat 9のAdobe PDFによる出力結果 Acrobat 9のAdobe PDFによる出力結果

WordやPowerPointのファイル内にビデオを埋め込む

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]