GWTでJavaScriptを書かないAjax開発--第1回:概要とアプリ構築の流れ

沖林正紀
2007-10-10 17:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google Web Toolkit(図1、以下GWT)は、GoogleがオープンソースのApache License 2.0の下で提供しているAjaxアプリケーション構築ツールだ。2007年8月28日にバージョン1.4がリリースされている(Bruce Johnson氏によるブログエントリ)。最新モジュールは、開発プロジェクトのページ(図2)から、Linux、Mac、Windowsの各プラットフォームに対応したものがダウンロードできる。

 実行環境としては、J2SE 1.4.2以降のJDKとWebブラウザが必要となる。そしてWebブラウザはCSSやJavaScriptの実行を有効に設定しておかなくてはならない。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]