レイアウトも情報--UI/UXを設計する情報デザインの基礎

綾塚祐二
2015-05-17 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コントラスト

 前節の図4では要素のグループ分けも階層構造も明示されているわけだが、なにかまだぴりっとしない。 足りないのは「コントラスト」である。

 コントラストの原則とは、意味に沿ったメリハリや抑揚をつけるべし、ということである。違う種類のものははっきり違いが見えるようにする、特に、要点や重要な事柄などを目立つようにすることでもある。タイトルや見出し、ラベルなどを太字にしたり大きめの字にしたり、というのは馴染み深いであろう。

 他にも、下線を引く、枠を付ける、白抜き文字にするなど、さまざまなコントラストの付け方がある(図6aとb)。 複数の方法を併せて使うことで、よりコントラストを高めることができる。


図6a:コントラストをつけ、太字にした例

図6b:さらに枠を付けて白抜きにした例。コントラストの付け方にはいろいろなバリエーションがある

 しっかりとしたコントラストは視覚的にとても強力である。「目立つ」ということは、即ち、「視線を惹きつける」 ということなので、(適切に使われていれば)見る人にとって全体の構造を把握しやすい、という効果がある。目立つところを(無意識に)追うことで、概要も把握しやすくなる。

 そして、視覚的なリズムも生まれる。図7は近接の原則を適用した図2にコントラストをつけたものであるが、「整列」されていない状態でも、全体の概要や階層構造がかなり判りやすくなる。


図7:近接+コントラスト(整列なし)図2にコントラストを付けた例。「整列」がなくとも構造が判りやすくなる
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]