アドビ、「Flash Builder 4.5」「Flex 4.5」を発表--モバイル開発強化

ZDNet Japan Staff
2011-04-11 18:33:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビ システムズ(アドビ)は4月11日、Adobe Flex向けの統合開発環境(IDE)の最新版となる「Adobe Flash Builder 4.5」を5月20日より提供すると発表した。合わせて、リッチインターネットアプリケーション(RIA)開発フレームワークの最新版「Adobe Flex 4.5」を6月にリリースすると発表した。

 アドビが5月20日にリリースする「Creative Suite 5.5」製品群に含まれるFlash Builder 4.5も機能強化が図られており、ベストプラクティスのコードテンプレート、コード補完機能とコード生成機能により、FlexとActionScriptによるプロジェクトのコーディング作業が高速化されるとしている。

 また、オープンソースのフレームワークであるFlex 4.5では、ウェブ、デスクトップ、Android、BlackBerry Tablet OS、iOSなどのプラットフォームを対象とするアプリケーションの開発が可能。各プラットフォームへの展開にあたり、開発者はコードの大半を再利用できるという。また、最新のコンポーネントによって、Flex 4で導入された「Spark」のスキン手法とコンポーネントアーキテクチャが拡張されるという。

 両製品では、特にモバイルデバイス向けAdobe AIR 2.6を対象とした単体アプリケーションの開発機能が強化されており、Android Market、BlackBerry AppWorld、AppleのiTunes AppStoreだけでなく、今後はAmazon Appstore for Androidにもモバイルアプリケーションを展開できるようになるという。

 Flash Builder 4.5と、同日に発売される「Adobe Flash Catalyst CS 5.5」では両製品を組み合わせて利用できる新たなランドトリップワークフローが採用されており、デザイナーとデベロッパーが並行して作業を行うことができるとしている。デザイナーは、Flash Builderで作成、または事前に編集されたFlexプロジェクトを開き、変更を加え、保存して、より短期間でアプリケーションを提供することができるという。

 Flash Builder 4.5には、「Standard」と、テスティングフレームワークやColdFusion Builderのライセンスを含む「Premium」が用意されている。Flash Builder 4.5 Standard日本語版の価格は3万1500円。アップグレード版は、Flash Builder 3 Standardユーザー用が1万5750円。Flash Builder 4 Standardユーザー用が7875円。Flash Builder 4.5 Premium日本語版の価格は8万9250円。アップグレード版は、Flex Builder 3 Professionalユーザー用が3万6855円。Flash Builder 4 Premiumユーザー用が6405円。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ