Silverlight 4対応の入力支援コンポーネント「InputMan for Silverlight 1.0J」

ZDNet Japan Staff
2010-10-20 14:50:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グレープシティは10月20日、Silverlight 4向け入力支援コンポーネント「InputMan for Silverlight 1.0J」を12月10日に発売すると発表した。

 InputMan for Silverlightは、入力制御と入力補助機能を提供するコンポーネント。WindowsフォームやASP.NET用の入力支援コンポーネント「InputMan」と同様の日本語入力制御を、Silverlightで実現するための製品だ。

 主な機能として、漢字、ひらがな、カタカナといった文字種に合わせた入力制御機能と自動変換機能、和暦や漢数字表記など日本固有の入力への対応、柔軟な書式設定、InputManの書式を活用できる書式コンバータなどを提供する。

 価格は、1開発ライセンスのパッ ケージ版が12万6000円、同ダウンロード版が11万3400円。なお、開発したアプリケーションは無償で配布、運用できる。

 Silverlight 4では、RIA開発で求められる表現力に加え、データバインディングや印刷機能、ローカルファイルへのアクセスなど、業務システムでの利用を意識した機能が提供されている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]