builder by ZDNet Japanをご愛読頂きありがとうございます。

builder by ZDNet Japanは2022年1月31日にサービスを終了いたします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

開発者の市場価値とは?:ウェブの論客が語る

大川淳
2008-10-17 13:25:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIAは「動く」だけで本当にリッチなのか?

 次に鷹野氏から「ウェブが他メディアと一線を画するために、Flash、DomScriptingやAjaxなどの技術が必要だが、一方ではロードに時間がかかったり、製作者好みの使われ方があるなど、ユーザー側の反応はあまりよくないのではないかとの印象もある。これらの技術の導入にあたり、どのようなことを考えるべきか」との論題が提起された。

 長谷川氏は「RIA(Rich Internet Application)という言葉がある。FlashやAjaxなどが用いられているわけだが、なぜ『動く』だけで生産性が上がるといえるのか。作業時間が半減したり自動的にデータが同期されるというのであれば、RichなInternet Applicationなのだろうが、『動く』だけですごいすごいというのはちょっとどうなのかと思う。アプリケーションは新鮮さが必要なのか、それ以外のものが求められているのか。混同されているのではないだろうか」と疑問を発した。

 藤川氏は「eコマースのビジネスで考えると、eコマースのウェブサイトにはAjaxは特に必要ではない、との意見もある。SEO対策を考慮すると、Flashも必ずしも有利とはいえない。テキストだけでモノを売っている人もいる。モノを売るには、十分に情報を伝えることができれば良い」と語る。

 しかし、「ただし、モバイルは別」なのだという。「携帯電話は未だ通信速度が遅いので、Ajaxは効果がある。iPhone 3GやGoogleのAndoroidも登場するなど、『外圧』によりウェブブラウザも変化していくだろう。サイトごとに最も効果のあるやり方をエンジニアは考えておくべきだ」と発言した。

スキルだけが重要なのではない

 「ウェブサイトに携わる専門的なスキルを持つ人間の市場価値は今後どうなっていくのか」との論点について、藤川氏は「ウェブアプリケーションを開発するのは容易になっており、学校を卒業したばかりの20代の若者が、もっと長い経験を持つ人とほぼ同じことがきる。スキルばかりが重要ではなく、これはこの人にしかできないというものがあったり、高い信頼を得ていたり、高い生産力を持っていたりすることが、その人の価値といえる」と語った。

 長谷川氏は「クライアントは完全なビジョンを持って依頼してくることがそれほど多くはない。漠然と、こんなサイトをつくりたい、と言ってくる。しかし、クライアントと対話していくなかで、何を求めているのかを汲み取って、それをかたちにできるイマジネーション、予測する力、これらはどの仕事であっても大事だと思う」と述べた。

ブログの新規登録は、2021年12月22日に終了いたしました。

folllow builer on twitter
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]