CurlのオープンソースUIライブラリ:CGMサイト活用し開発者へのリーチ図る

笠井美史乃
2008-10-03 17:42:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UIライブラリ「Curl Advanced UI」

 同社のもうひとつの取り組み「オープンソースプロジェクト」では、主にバックエンドのライブラリを中心に提供してきたが、そこへ新たに加わったのが「Curl Advanced UI」だ。

 業務アプリケーション向けの入力系UIから、3Dを使った画面遷移など、ちょっと変わったユーザーインタフェースがライブラリとして提供されている。講演では実際にライブラリを使ったアプリケーションのデモも行われた。

Curl Advanced UI 0.5 beta Curl Advanced UI 0.5 beta
Curl Advanced UIを使用した簡単なアプリケーション Curl Advanced UIを使用した簡単なアプリケーション

 また、イベント開催日の9月29日には「Curl ORB for Java」が発表された。主な機能には、

  1. サーバサイドのJavaオブジェクトをCurlからコール、クラスのインスタンスを生成してメソッドを実行。同期通信でも非同期通信でも可能
  2. バイナリフォーマットを使った通信で、テキストベースのXML、JSONより「数倍~数十倍高速な」(岡田氏)ハイパフォーマンスを実現
  3. Date型やユーザー定義クラス、配列、Listなどプリミティブ型以外のデータ型もサポート
  4. DIコンテナで管理されたJavaオブジェクトもコールすることが可能
  5. 開発者はJavaのクラスをコールするCurlのソースコードをジェネレーターで自動生成できる
Curl ORB for Java Curl ORB for Java

 講演ではソースコードを書きながらのデモが行われた。

Java側にHelloクラスを作成 Java側にHelloクラスを作成
Curl code ジェネレータ上でクラスを選択してCurlコードを生成 Curl code ジェネレータ上でクラスを選択してCurlコードを生成
生成されたクラスを使い、サーバサイドと通信してクライアント側に結果を返す 生成されたクラスを使い、サーバサイドと通信してクライアント側に結果を返す

 Curl ORB for Javaは9月29日にα版をリリース、正式版は10月21日に公開される予定だ。岡田氏は、ユーザー体験を追求する開発環境のために「ぜひCurlを使ってみてほしい」と講演を締めくくった。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]