CurlのオープンソースUIライブラリ:CGMサイト活用し開発者へのリーチ図る

笠井美史乃
2008-10-03 17:42:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月29日に開催されたbuilder tech day「User Interface & beyond」で、カールが「Curlの3Dによる新たなユーザーエクスペリエンスの可能性とOSSプロジェクトのご紹介」とのテーマで講演した。登壇者はカール RIAエバンジェリストの三野凡希氏と、カール テクニカルサポートチーム マネージャの岡田一志氏だ。

カール RIAエバンジェリスト 三野凡希氏(左)と、カール テクニカルマネージャ 岡田一志氏 カール RIAエバンジェリスト 三野凡希氏(左)と、カール テクニカルマネージャ 岡田一志氏

RIAプラットフォームとしてのCurl

 製品としての「Curl」は、リッチ・クライアント・ウェブ・プログラミング言語として、大手自動車メーカーの品質管理システム/生産管理システムや自治体の電子申請システムなど、多くの基幹系業務システムに採用されている。

 Curlの実行環境「Curl RTE」は、ガベージコレクションや特徴的なJIT(Just In Time)コンパイラを搭載。オーディオ、イメージ処理、アニメーション、通信などのライブラリを内蔵している。PC系のOSにはすべて対応し、複数のブラウザで同じ動きを実現できるほか、デスクトップのアプリケーションと同じように扱うことも可能だ。

Curlの実行環境 Curlの実行環境

 実行の仕組みは、サーバ上にあるCurlのコンテンツ(ソースコード、または圧縮したソースコード)に対して、Curl RTEをインストールしたクライアントからリクエストを送るとコンテンツをダウンロード、JITコンパイラがアプリケーションを生成してクライアント上で動作するというもので、キャッシュを使った起動も可能だ。起動後は、必要なときにhttpリクエストによってサーバにアクセスするかたちとなっている。

Curlが手がけるCGMサイト

 Curlは企業系のシステムで多く使われているため、コンシューマの目に触れることは少なかったが、同社ではより多くの人に知ってもらうためにいくつかの試みを行っている。

 そのひとつが開発者向けのTipsなどを掲載したサイト「Curl Developer Center」だ。

 現在140のコンテンツが掲載されており、サンプルソースのダウンロードが可能。アクセスランキングをみると、サーバ・データベース操作など、バックエンドの仕組みに開発者の興味が集まっている様子がうかがえる。

 続いての試みは、9月10日にリリースした「Curl APPS Gallery」。開発者が自分で作成したアプリケーションを公開できる場として提供されている。ここへ訪れると、多くのユーザーがCurlアプリケーションに触れることができ、同時に開発者はソースコードから作り方を学ぶことも可能だ。「ユーザーにとっても開発者にとっても有益なサイト」だと三野氏はいう。

 また、Curl APPS Galleryでは新たに「Curl 3D Gallery」が公開された。これはGoogle SketchUpで作られた3Dデザインを読み込み、表示するというもの。

 例えば、建物のデータを読み込めば、内部まで描画してウォークスルーもできる。リンク情報を貼り付けられるので、3D空間への画像貼り付けや、イベントの実装が可能だ。さらに、操作履歴を保存して後で再生することもできる。

 業務系システムでこれらの表現が使用されることはあまりないが、三野氏は「ここまでの表現が可能であることをぜひ知って欲しい」と述べている。

Curl 3D Gallery Curl 3D Gallery

UIライブラリ「Curl Advanced UI」

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]