ユーザーにとってはUIがすべて:UIデザイン原則をソシオメディアが語る

冨田秀継(編集部)
2008-10-01 22:40:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5. ユーザーを教育しない

 「この機能はユーザーにわかってもらえるかな?と心配していると、わかってもらえない。パッと見てすぐにわかるようにしなければならない」と上野氏は語る。ユーザーインタフェースとして自明にならない機能は基本的に排除し、説明を加えるのではなくユーザーインタフェース自らに語らせなければならないという。

 そのためには「ユーザーを教育する」のではなく、「ユーザーに学習してもらう」ことが重要だ。その過程では「徹底的に論理的にしていき、一貫性を高める」(上野氏)必要があるだろう。

説明を加えるのではなく、ユーザーインタフェース自らに語らせる例 説明を加えるのではなく、ユーザーインタフェース自らに語らせる例

 ユーザーインタフェース自らに語らせるには、周知のデザインパターンを利用することも大切。ソシオメディアではユーザー・インタフェース・デザインのベストプラクティスを「UIデザインパターン」として公開している。

6. 常に動く状態にする(Agile)

 実際の開発においては、「コンセプトの実現に必要不可欠な最低限の機能を初期に実装し、動く状態にする」のが、スケジュール通りにシステムを完成させるために必要なことだという。

 「プロトタイピングから開発へシームレスに進め、常に動く状態をキープする」(上野氏)

7. デザインへのアクセス経路を確保する(Waterfall)

  • コメント(4件)
#1 amd64x64   2011-05-04 11:30:23
やたらに多い画面数の記事だ
#2 そげ   2011-05-05 13:46:59
画面数がやたらに多いことで、一瞬で済むことに5分くらいかかってしまった。これはユーザーに取ってUIというか、ユーザビリティがすべてなのではないだろうか。説得力が(ry
#3 アモイ   2011-05-08 16:43:18
PVとか広告impとか欲しいんだから仕方ないんだよ。
UIよりもお金だと思ってんのさ。
#4 モリト   2013-12-02 22:54:33
下の印刷アイコンで幸せに
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]