Google Chromeに携わったキラ星のような開発者たち:コミックから読み解く

Yoichi Yamashita
2008-09-08 08:50:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欲しいのはシェアではない

 このように見ていくと、Chromeは公式ベータの典型という印象を受ける。シェアを獲得する必要はない。ウェブアプリが安全・快適に動作する環境に注目を集め、そのアイディアが他のブラウザにも取り込まれて、ブラウザの枠が広がれば、それで十分なのだ。

 いや、むしろそれを求めている。今年初めの米国での700MHz帯オークションを思い出してほしい。通信大手Verizonが落札し、Googleは1つも落とせなかったが、Googleの積極的な参加によって落札者はオープンアクセスでの運用を余儀なくされた。

 ネットワークの開放がGoogleの目的であり、オークションにオープンアクセスルールさえ適用されれば、自ら通信事業を運営する必要はなかったのだから、Googleにとっては落札に等しい勝利だった。

 Chromeに対して、はやくもMozillaの開発メンバーがGoogleのV8最速の主張に反論している模様だが、そのような話題の盛り上がりこそ、シェア獲得以上にGoogleが望むものである。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]