王者になれば、狙われる--Google vs. Microsoftの戦いを考察

文:Lana Kovacevic(Builder AU) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-07-16 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

両社が競合する分野

 MicrosoftとGoogleはそれぞれ相手の中核市場で競合している。Microsoftが検索ポータルに投資する一方、GoogleはOfiiceと直接競合するGoogle Docs & Spreadsheetsといった個人向け生産性ツールをリリースしている。また、オンラインの世界においては、両社ともYahooとの厳しい競争に直面している。

 Googleは検索を強みとし、同市場で優位に立っているが、収益の大半は広告から得ている。その一方、Microsoftは電子メールやインスタントメッセージング(IM)、そしてメディアやエンターテインメント、ソーシャルネットワーキングといった分野においてGoogleよりも優位に立っている。これに対して、Yahooは電子メールやIM、メディア、そしてエンターテインメントやソーシャルネットワーキングの分野で首位に立っている。YahooがMicrosoftの目に魅力的に映る理由はここにある。Smith氏によると、買収話は完全に立ち消えになったわけではなく、買収ではなく提携など、別のかたちで実現される可能性もあるという。Microsoftは広告分野に多額の投資をしてきたが、高い露出度を獲得するには至っておらず、この点でYahooの力が役に立つはずだと考えている。Smith氏の考えによると、MicrosoftとYahooはそれぞれ独立した企業でいるよりも、一緒になった方が優位に立てるという。先の買収話では主に広告分野が注目されていたものの、MicrosoftはYahooの買収によって、ウェブプラットフォームやクラウドコンピューティングといったウェブベースの配信モデルを手に入れられるようになるのだ。

 両社は以下の分野において直接競合している。

  • SaaS:両社はともにSaaSモデルのメリットを享受している。GoogleにはGoogle DocsやGoogle Appsが、MicrosoftにはLiveプラットフォームがある。
  • 消費者主義:両社ともに、消費者に対する強力なブランド力を保有している。ただしMicrosoftに関して言えば、同社が技術力を有しており、真に成功しているのはエンタープライズ市場であるため、消費者主義に少し消極的な面がある。
  • Web 2.0:Googleが優位に立ち続けているものの、ソーシャル面では話が違ってくる。両社がともに提供しているサービスにはブログや無償のデスクトップ検索ソフトウェアがある。Microsoftはこの分野において脅威とチャンスの双方に直面している。
  • オープンソース:MicrosoftはOSといった同社の中核製品が関連する市場ではオープンソースを支持していないものの、他の市場では支持している。その一方、Googleにとってオープンソースは本質的なものであるが、同社はそのコンセプトをまだ完全には活かしきれていない。
  • グローバルクラスコンピューティング:Googleは競合他社よりもグローバルシステムを得意としている一方、Microsoftは同社のMSNデータセンターに大規模な投資を行っているところである。

Microsoftに対する脅威

 Smith氏によると、Microsoftに対する最も大きな脅威はおそらく、Ajax技術と、リッチクライアントに引けを取らないユーザーエクスペリエンスを提供できるようになってきているその機能であるという。これはOfficeといったMicrosoft製品に対する直接の脅威となっている。Google製品の方が優れているとは必ずしも言えないものの、人々はそのコラボレーション機能とシンプルさに惹かれて使い続けるだろう。ユーザーは複雑でリッチな機能を必要としているわけではない。Wordの機能のうち、日常的に使用されているのはわずか20%ほどに過ぎないということが実証されているのである。

 また、Linuxといったオープンソースも脅威となっている。LinuxはMicrosoftのサーバ分野やデスクトップ分野を脅かしている。Linuxコミュニティは規模が大きく、その興味の対象もさまざまであり、協調的な環境で連携し合っている。このことによって、Microsoftは1つのベンダーや環境に注力することが困難になっている。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]