王者になれば、狙われる--Google vs. Microsoftの戦いを考察

文:Lana Kovacevic(Builder AU) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-07-16 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gartnerのバイスプレジデントであり、同社のフェローでもあるDavid Mitchell Smith氏は「Gartner Application Development, Integration and Web Services Summit 2008」(アプリケーション開発、インテグレーション、Webサービスに関するGartnerのサミット)において「Google vs. Microsoft」と題するプレゼンテーションを行い、両社の戦いについて考察した。

 Smith氏はプレゼンテーションの冒頭で「現在、Microsoftは広告分野において、エンタープライズソフトウェア分野におけるGoogleよりも成功に近い位置に付けている」と述べた。このことは、Microsoftが広告分野で今よりも成功するという仮定に立っているものの、必ずしもGoogleよりも大きな成功を収めるということを意味しているわけではない。これに対して、Googleはエンタープライズソフトウェア分野では成功しないだろう。Googleは収益を上げ続けるだろうが、この分野における真の成功を手にすることはないはずである。

 このことは、Microsoftが長年の歳月をかけ、大金を投じて開発してきたアプリケーションと等価なもの、そしておそらくはそれ以上のものを、ただの弱小企業であったWritely(Google Docsの元となるアプリケーションを開発した企業であり、現在ではGoogleの傘下にある)が開発したという事実から考えると奇妙に思えるかもしれない。Smith氏は、Google Docsがいくら優れたワードプロセッサであったとしても、コラボレーションコンポーネントであるが故に、広く受け入れられることはないだろうと主張している。

 Microsoftは今、大きな可能性のある分野として広告市場を狙っているが、同市場はGoogleにとっての中核市場でもある。Smith氏によると、GoogleはMicrosoftの注意を広告市場から引き離すために、Google Docsといったサービスを市場に投入することで、自社の地位を守ろうとしているのだという。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]