アドビ、オンラインサービスAcrobat.com公開--ファイル共有可能でAcrobat 9とも連携

文:Elsa Wenzel(CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2008-06-02 16:03:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Adobeは米国時間6月2日、オンラインサービスを公開した。このサービスでは、ワードプロセッサやファイル保存および共有機能を持ち、新しくFlash再生が可能となった「Acrobat 9」との連携が図られている。

 今回のAcrobatにおけるオンラインに関する取り組みは、無償かつほぼどこでも利用されている「Acrobat Reader」と恐らく最も強く関連しているブランドとしては、大胆な動きと言える。Acrobat ReaderはPDF表示ソフトウェアとして、映像の再生が可能となる。

 今回の発表は、ドキュメント作成ソフトウェア「Acrobat 9」のリリース前に行われた。Acrobat 9は、アニメーション、ダイナミックな地図、256ビット暗号、改良されたフォームなど機能を追加している。

 ベータ版Acrobat.comは無償で、ワードプロセッサ「Buzzword」を備えている。ウェブ会議およびデスクトップ共有ツール「ConnectNow」はテキスト、映像、音声によるチャットを可能にする。これらホステッドサービスは、ファイルの保存および共有を可能とし、最大5つのドキュメントをPDF化できる。

 Buzzwordとその付属ツールは、Google Docsなどの先行するオンラインワードプロセッサで欠けている対話性を提供する。

公開されたベータ版Acrobat.com
提供:Adobe Systems

 Acrobat.comにファイルを保存しておけば、仮想ミーティング機能により他のユーザーと同一のドキュメント画面をリアルタイムで共有できる。また、同サービスは、Acrobatソフトウェアで作成されたフォームからのデータをホスティングできる。

 ドキュメント作成ソフトウェアAcrobat 9は、インタラクティブでセキュアなドキュメント作成とAcrobat.comとの連携に関して、多くのサポートを含んでいる。

 Acrobatを使うことで、MOVファイルやWMVファイルをFlashコンテンツに変換できるので、PDF内にオーディオコンテンツや3Dモデルなどとともに埋め込むことができる。無料のAcrobat Reader 9は映像の再生が可能なので、他のメディアプレーヤーを開くこと必要がなくなる。

新しいAcrobat.comは、制作物の保存、ドキュメントの編集、他のユーザーとのコラボレーションを可能とする。
提供:Adobe Systems
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ