クエリ言語でWebアプリを直接開発:SPARQL

後藤大地(オングス)
2008-01-17 14:15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 W3Cは15日(米国時間)、3つの仕様SPARQL Query Language for RDFSPARQL Protocol for RDFSPARQL Query Results XML FormatをW3C勧告として公表した。これら3つの仕様はSPARQLの書式および動作を規定するもの。この勧告をもってSPARQLは正式仕様に認定された。データベースにおけるSQL言語を汎用化させ、ネットワークへ適用できるようにしたものと考えればわかりやすい。

 SPARQLはインターネットのような広範囲に渡るネットワークにおいて、抽象化されたデータ操作を実現するためのクエリ言語。マッシュアップなどの用途に使えるよう考慮されている。

 クエリ言語はデータ操作を抽象化し汎用化することができる。結果、開発効率を向上させることが可能だ。データベースにおける使われているSQLはもっともわかいりやすい成功例だろう。SPARQLはこれをネットワークに対して適用したもので、Webアプリケーション開発におけるデータ操作に抽象化をもたらすことになる。すでに14の実装系があり、今後の普及が期待できる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]