builder by ZDNet Japanをご愛読頂きありがとうございます。

builder by ZDNet Japanは2022年1月31日にサービスを終了いたします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

Ajaxの技法:クールな回転スライドの作成

文:Chris Duckett(Builder AU) 翻訳校正:原井彰弘
2008-01-11 11:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これで終わりだ。少し質素な回転台が完成した。ここにすべてのコードがあるので、目を通して欲しい。

エフェクトの追加 - イライラクールさを加える

 PrototypeやScript.aculo.usを用いると、回転台を派手に飾り立てることができる。Flashでのエフェクトを真似して、エフェクトを追加してみよう。

 この回転台は手早く仕上げたものである。あと少しの作業と発想があれば、あなたはこれをはるかにしのぐ回転台を作成できるに違いない。

JavaScriptを使ってはいけない場合

 いつJavaScriptを使うべきかを知っているだけでは十分とはいえない。ベストの結果を得るためには、いつJavaScriptを使ってはいけないかを知っていることも必要なのだ。そして、高度なことを行おうとするほど、JavaScriptを利用するメリットは減少するということを知っておいて欲しい。

 もし、人々の目を釘付けにする最新のエフェクトを利用したいような場合は、JavaScriptはFlashにまったく太刀打ちできない。Flashで作成できる水準と同じものをJavaScriptで作成しようとすれば、Flashを採用した場合のデメリットをはるかに上回る時間がかかってしまうのだ。

 また、もし仮にウェブ上で動画を利用したいならば、flvはもっとも適している形式の一つだ。YouTubeやGoogle VideoがFlash Playerを利用しているのには、それなりの理由があるのである。

 さらに、JavaScriptをより深く利用するようになると、ブラウザ間での小さな挙動の違いが問題になり始めるだろう。この問題を回避するには、プラットフォームを標準化するのがよい方法であるが、それはまさにFlashが得意とする部分である。

まとめ

 ここにたどり着くまでに、多少の作業と数杯のコーヒーが必要になったかもしれない。しかし、ここですべて終わりである。

 一つ覚えておいて欲しいことは、気が狂ったようにFlashをJavaScriptで置き換えようとする人は、気が狂ったようにFlashを利用しようとする人と、本質的には何も変わらないということだ。

 必要なのが単純な回転機能ならば、JavaScriptを利用するという選択肢はある。しかし、高度なアニメーションや視覚的な効果が必要なら、Flashを利用した方がよいだろう。

 ぜひ、正しい作業には正しい道具を使用するということを忘れないようにして欲しい。読者の皆様はどのように使い分けているだろうか? 是非、記事にコメントして欲しい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ブログの新規登録は、2021年12月22日に終了いたしました。

folllow builer on twitter
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]