Web 2.0サービスの2007年、ユーザー投票ではGoogle強し:Mashable

後藤大地(オングス)
2007-12-25 19:22:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MashableにおいてOpen Web Awardsの結果が発表されたが、翌日の12月21日(米国時間)、Mashableとパートナーブログの読者投票の結果「Open Web Awards: Final Winners Announced!」が発表された。20日の結果は、30を超えるトップブロガーによって選定された、いわば事情通の視点によるものだったが、読者投票の結果は次のようになった。

 どちらの選択でも同じようにエントリされたのはdiggのみとなった。エントリは異なるが、入賞したのはFacebookのみ。13エントリ中1エントリのみが同じ結果になるといったように、両者で大きな違いがあらわれている。先日の発表でノミネートしたFlickr、YouTube、Netvibes、Last.fm、Twitterがエントリせず、iGoogle、Google Mobile、MySpaceがエントリしている点も興味深い。

 日本のユーザに馴染みの深いサービスもあればそうでないサービスもある。先日の発表と合わせ、どちらの結果も興味深い。使ったことがないサービスがあれば一度体験してみるといいだろう(ただし法的な問題から日本からはアクセスできないサイトもある)。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]