グーグルのSNS「Orkut」でワームまん延

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2007-12-20 20:02:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラジルで人気のGoogleのソーシャルネットワーク「Orkut」で、コンピュータワームが広がっている、とブログSounds from the Dungeonが報じている。

 比較的無害なこのワームは、おそらくJavaScriptやFlashのコードを使い、ポルトガル語の新年のあいさつとともに、新しいスクラップブックのエントリをプロファイルに作成し、被害者の友人へと広まる。

 感染者の数は推定で最大40万人、とブログc0d3w12への投稿では述べられている。

 セキュリティサイトPacket Stormによると、Orkutに影響を与える脆弱性は米国時間11月8日に発見され、先週修正されている。ワームまん延の原因が同一の脆弱性によるものかは明らかではない。

 ValleyWagのブロガーは、「Googleはすぐに対応したようだ」と記し、「残念だ。Googleがワームのまん延を放置していたら、恐らくOrkutは一部米国ユーザーに初めて認知されることとなっただろうに」と述べた。

 Google関係者にメールでコメントを求めたが、すぐに回答は得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ