Javaの今、JavaとRuby:JBoss Gavin King氏語る

白石俊平(あゆた)
2007-12-19 18:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Javaの外に目を向けると、RubyやPHPが非常に高い生産性を発揮できるというのを売りに台頭してきていますが、Javaはこうした動きに対してどう応えられるのでしょう?

 確かにRubyなどはコストの削減と言うニーズを満たしてくれると思います。

 ただあくまでもそれは、アプリケーション開発の初期段階に限った話だと考えています。たとえば、アプリケーションのプロトタイプのところまでは非常に少ないコストで実現できると思いますが、それ以降の段階ではやはりJavaに軍配が上がると思います。

それは、スケーラビリティや変化への対応について、Java EEの方に優位性があるということでしょうか?

 そういう言い方もできますが、どちらかというと私のいいたいことは、静的なコード解析が行えることのメリットです。

 システムが小さいうちは、タイピングも実行も動的言語の方が素早く行えます。しかしシステムが巨大になってしまうと、Ctrl+Space (多くのIDEで採用されている、コード補完のためのショートカット) があなたのよき友です。

 また、メソッド名の変更と言ったリファクタリングが行えるのも静的言語の強みです。

 また、巨大なシステムであればある程、静的言語のパフォーマンス的な優位性が発揮されます。

 素早いプロトタイピング、という優位性に関しては、JBoss Developer Studioがリリースされたことで、Railsとも十分対等に戦える、と考えています。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]