Javaの今、JavaとRuby:JBoss Gavin King氏語る

白石俊平(あゆた)
2007-12-19 18:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 その上で、今の質問には側面が二つあると思います。

 ひとつはWeb Beansとそうしたフレームワークの間におけるインターオペラビリティ、もうひとつはそうしたフレームワークからWeb Beansへのマイグレーションです。

 インターオペラビリティについてですが、つまりはコンポーネントモデル同士がどこまで協調動作できるか、と言う問題ですね。お互いのコンポーネントを呼び出す、あるいはお互いのコンポーネントをインジェクションする、などです。

 これについては簡単に解決できる問題だと考えています。なぜなら、Web Beansの元となったフレームワークであるJBoss Seamにおいて、SpringやEJB3とのインターオペラビリティを確立しているという実績があるからです。

 マイグレーションについては、既存のコンポーネントをいかにしてWeb Beans化していくか、と言う話ですね。これは本質的に、既存のコンポーネントモデルがPOJOスタイルを採用しているかどうか、と言う問題だと思います。 POJOで書かれたコンポーネントであれば、アノテーションを付与したり、もしくはXMLデプロイメント・デスクリプタの設定のみでマイグレーションが可能です。

ちなみに、Web BeansはGuiceからもインスパイアされたとのことですが、どういう点ですか?

 例えば、DIに関する機能のうち、バインディングタイプ型の安全性といった部分はGuiceに着想を得ました。

HibernateやSpringといったオープンソースソリューションを組み合わせて使用しているプロジェクトは現在多くあると思います。そうしたプロジェクトから、JEE標準に回帰するという動きはありますか?もしそうした動きが少ないとしたら、原因はなんでしょう?

 EJBに立ち返っていく、と言う動きはかなりあると思います。

 ご存じの通り、一時はJava EEテクノロジーから離れていこう、という動きがありました。しかし今ではJPAやEJB3の台頭により、逆にJava EEに立ち返っていこうという動きが非常に顕著だと思っています。

 例えばSeamのコミュニティ内でも、SpringやHibernateを使っていた方が、標準技術であるJPAやJava EEの技術に戻ってくる、と言う人々は非常に多いです。

既存の仕様が多くある中で、それらと齟齬が生じないよう気を付けながら統合しようとするWeb Beansの仕様策定プロセスは、大変なものではないですか?

 それほど大変ではありません。仕様のかい離や、ギャップの埋め合わせと言った作業はほとんど必要ありませんでした。Javaは非常に成熟しており、仕様についても考え抜かれたものがほとんどです。

 まあ確かに、本質的に問題のある仕様はあります。どんなテクノロジーにも、本質的な問題と言うのは存在するものですが、相対的に見てJavaはうまくやっています。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]