iPhone向けWebアプリ開発のガイドラインが公開:Ajax on iPhone推進

冨田秀継(編集部)
2007-09-26 20:10:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルジャパンは9月26日、「iPhone向けWebアプリケーションとコンテンツの最適化」と題したドキュメントを公開した。Apple Developer Connection(ADC)内で公開されたドキュメントだが、未登録でも閲覧可能。

 今回公開されたものは、下記の7章で構成されている。

  • ユーザとiPhoneの対話を理解する
  • Web標準および実装済みのデザインプラクティスを使用する
  • 電話、電子メール、およびマップを統合する
  • ページを読みやすくするために最適化する
  • 豊かなオーディオ体験とビデオ体験を実現する
  • iPhoneでSafariが何をサポートするか知る
  • Webデベロッパと知り合いになる

 ドキュメントでは、iPhone向けWebページを設計する際には、Web標準を順守するよう呼びかけている。また、iPhone版Safariは、Mac OSやWindows向けに提供されているSafariと同様、Web Kitエンジンが使用されている。そのため、Safariは下記のWeb標準をサポートしているとする。

  • HTML 4.01
  • XHTML 1.0
  • CSS 2.1および一部のCSS3
  • ECMAScript 3(JavaScript)
  • W3C DOM Level 2
  • AJAXテクノロジー(XMLHTTPRequestを含む)

 開発者はドキュメントを参照しておくとよいだろう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]