地味さの中に真理あり--UI/UXを学びつづけるために

この連載も今回が最後である。最終回は、おさらい及び補足的な内容を中心に論じる。 2015-09-15 07:00:00

センスで語るのはナンセンス--UI/UXを評価する(後編)

前編はUIを設計する際の定量的な評価手法について述べた。後編では定性評価やUIが「悪い例」から学ぶ手法、UXの評価手法について解説する。 2015-08-20 07:00:00

技術が大きく転換する時、開発者はひるんではいけない--アドビのチェンバース氏

近年、開発者の間で「今後アプリケーションを作っていくにあたって、どの技術やツールにコミットすべきか」といった議論が盛んだ。アドビでFlashを担当するChambers氏と、ゲーム開発エバンジェリストのBrimelow氏に話を聞いた。 2012-07-25 09:00:00

WebRTCのスゴさ:ブラウザ間でカメラやマイクを使ったリアルタイムコミュニケーションを実現

音声・ビデオチャットには専用アプリケーションが必要だ。ブラウザで利用する場合もプラグインを導入する必要がある。しかし、WebRTCが普及すれば、この世界が変わるかもしれない。 2012-02-17 11:21:00

ついにRFCに登場!Webサーバとの双方向通信を実現する「WebSocket」

次世代のWebアプリケーションの中核を担う技術と期待されている「WebSocket」。AjaxやCometとは何が違うのか、どういった背景のもと登場した技術なのか。 2012-01-06 09:00:00

HTMLとFlash、両技術へのコミットを具体的に証明--Adobe MAX 2011基調講演

「Adobe MAX 2011」2日目の基調講演では、AdobeがHTMLとFlashの両技術に投資を続けていくというメッセージが、具体的な製品や取り組みの形で紹介された。 2011-10-06 16:01:00

アドビ、新クラウドサービスとタブレットアプリ群--Adobe MAX 2011基調講演

米ロサンゼルスでAdobe Systemsのユーザーカンファレンス「Adobe MAX 2011」が開幕した。基調講演でCTOのケビン・リンチ氏がクラウドサービスと、付随するタブレット向けアプリケーション群を発表した。 2011-10-04 10:47:00

電子楽器とAIRの出会いが生んだ「Friend Jam」

「正しい演奏」を学ぶための楽器練習ソフトとは若干趣が異なり、演奏者を楽しませるゲームのような仕掛けが随所に施されている。 2011-10-03 15:43:00

Metro UIへのFlash配信方法も模索を続ける--アドビ

HTML5への注目が高まるなか、Flash不要論を叫ぶ声が上がっているが、アドビは最新の「Flash Player 11」と「AIR 3」で明確に「ノー」の姿勢を打ち出した。 2011-09-28 16:54:00

アドビ、「Flash Builder 4.5」「Flex 4.5」を発表--モバイル開発強化

アドビ システムズは4月11日、Adobe Flex向けの統合開発環境(IDE)の最新版となる「Adobe Flash Builder 4.5」を5月20日より提供すると発表した。合わせて、RIA開発フレームワークの最新版「Adobe Flex 4.5」を6月にリリースすると発表した。 2011-04-11 18:33:00

グレープシティ、Silverlight版FlexGridなどを収録したコンポーネント集の新製品

グレープシティは1月27日、Silverlight向け多機能データグリッド「FlexGrid for Silverlight 1.0J」およびiPhoneやiPadに最適化したASP.NETコンポーネントを新たに収録したスイート製品「ComponentOne Studio Enterprise 2011J」を発表した。 2011-01-27 19:57:24

Silverlight 4対応の入力支援コンポーネント「InputMan for Silverlight 1.0J」

グレープシティは10月20日、Silverlight 4向け入力支援コンポーネント「InputMan for Silverlight 1.0J」を12月10日に発売すると発表した。開発したアプリケーションは無償で配布、運用できる。 2010-10-20 14:50:16

新着特集

新着ブログ

新着コメント
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]