あるUNIXerからみたWindows 7

Windows 7のMinGW環境でLAMEを64ビットアプリとしてビルドしてみる

Windows 7で利用できるフリーのアプリケーション開発環境「MinGW」。今回はオープンソースのMP3エンコーダ「LAME」を64ビットアプリとしてビルドし、AIFFからMP3へのエンコードを試してみよう。 2009-09-17 15:09:01

Windows 7でx64レディなMinGW環境を構築する際の注意点

前回、Windows 7のアプリケーション開発に利用できるフリーな環境として、「MinGW」と、そのインストール方法を紹介した。今回は、環境変数の設定と、それにまつわる注意点について解説する。 2009-09-14 16:30:01

x64レディなMinGW環境を構築する

Windowsのアプリケーション開発に利用できるフリーの環境「MinGW」。今回はmigw-w64プロジェクトが公開したパッケージのインストール方法を紹介する。 2009-09-07 14:10:01

Windows Server 2008 R2のコアパーキングに見るメニーコア時代の省電力技術

Windows Server 2008 R2のパワーマネジメント機能「コアパーキング」は、メニーコア時代のエコ機能といえる。コアパーキングと同様の仕組みをWindows 7に持ち込むのは現実的ではないが、将来的にはその可能性も十分にあるはずだ。 2009-09-02 22:13:02

OPCがWin32 APIでサポートされることの意味--XPSはPDFの対抗になるか

Windows 7が対応するパッケージング形式「Open Packaging Conventions」。OPCのサポート強化はマイクロソフトの電子文書形式「XPS」とも関連がある。 2009-08-27 19:19:01

Windows 7でリソースのムダ遣いを減らす「トリガースタート」

Windows 7の「トリガースタート」は、システム負荷を低減させ、結果としてノートPCの電力消費を抑えることも可能な新機能だ。 2009-08-26 20:05:01

Windowsの宿命「アンチウイルスソフト」--クラウド対応は負荷軽減に寄与するのか

Windows OSの宿命「アンチウイルス」――。ここ最近、有償無償を問わず各セキュリティソフトが「クラウド」の波に乗ろうとしている。アンチウイルスソフトのクラウド化は負荷軽減に寄与するのだろうか。 2009-08-19 16:25:01

Windows 7 RTM日本語版の提供がスタート--正式版への移行計画は立てた?

Windows 7 RTM日本語版の提供が8月12日に始まった。Windows 7 RC版の有効期限は2010年5月31日だが、同3月1日からは2時間ごとの自動シャットダウンが始まる。 2009-08-14 10:54:02

速くなった「IronRuby 0.9」で開発が変わる?

8月1日に公開されたIron Ruby 0.9は、パフォーマンスの改善、Win32OLEライブラリ対応などを果たした。 2009-08-07 22:45:01

「Windows XP Mode」のRC版が公開--CPUはどれを選べばいい?

Windows XP ModeのRC版が公開された。XP Modeを利用するには、Intel VT-xやAMD-VなどのCPUの仮想化支援機能が必須条件となる。Windows 7を機に新マシンの購入を考えている方は、対応CPUだけでなく、デバイス仮想化の対応も心に留めておこう。 2009-08-06 17:40:01

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]