あるUNIXerからみたWindows 7

Aero Glassを有効にすると2D描画性能がアップ -- 「WDDM 1.1」を整理する(2)

Windows 7ではWindows Display Driver Model(WDDM) のバージョンが1.1にアップデートされているが、描画処理はどのように変化したのだろうか。ベンチマークソフトを使って検証してみた。 2009-10-19 23:39:00

オープンソースプロダクトにも「Windows 7対応」ロゴ取得の動き

MicrosoftはWindows 7の正式リリースを前に、「Windows 7対応」ロゴの発行プログラムを見直した。付与条件を大きく引き下げたことで、オープンソースプロダクトにもロゴ取得に向けた動きがある。 2009-10-15 12:39:01

Windows 7がAeroのメモリ消費量を削減できたわけ--「WDDM 1.1」を整理する(1)

Windows 7では、Vistaから導入された「Windows Display Driver Model(WDDM)」の最新版「WDDM 1.1」を採用する。これにより、Aero Glass有効時のメモリ使用量削減と高速な2D描画を実現している。 2009-10-13 19:56:01

Windows 7への「アドレス帳」移行--WABファイルの救出方法

前回、Outlook Expressの環境移行について紹介したが、これと切っても切れない関係にあるのが「アドレス帳」の存在。今回はアドレス帳の移行に関する注意点を挙げておく。 2009-10-13 08:00:00

Windows 7へのメール環境の移行:フリーソフトでサクッと変換

Windows 7の発売を前に、Outlook Expressの環境移行を相談された方もいるのでは?今回はフリーソフトを使って、かんたんべんりに環境を移行する方法を紹介しよう。 2009-10-06 12:00:01

Microsoft Security Essentialsは他社製セキュリティソフトを駆逐するか?

マイクロソフトのセキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」は、Windows 7やXP環境において無償で利用できる。マイクロソフトは現時点でこのソフトのバンドル提供について明言を避けているが、さて、将来はどうなるだろう。 2009-10-06 11:31:01

Windows XPからWindows 7への移行作業で注意すること

Windows転送ツールを使ってWindows 7へデータを移行させる場合、Windows XP上のOutlook Expressのメールデータの取り扱いには注意が必要だ。 2009-10-02 14:42:01

「Windows転送ツール」が転送しようとするファイルを調べてみた

「Windows転送ツール」を使ってVistaやXPからWindows 7へユーザー環境を移行する場合、どのようなファイルがバックアップ対象となるのだろうか?Windows 7 RC版を使って調べてみた。 2009-09-28 11:28:01

Windows転送ツールでWindows 7にユーザー環境を移行する

Windows転送ツールは、Windows 7、Windows Vista、Windows XPの転送に対応している。コピー方法は3種類から選択可能だ。今回は移行の手順を紹介しよう。 2009-09-25 14:05:01

Windows 7時代のメール環境を考える(導入編)

Windows 7では、Outlook ExpressやWindowsメールのようなメールクライアントが標準提供されない。Windows Liveメールへの導線も親切とは言えず、ビギナー層は困惑するかもしれない。 2009-09-24 17:15:01

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]