「クイック起動」を廃止したWindows 7の環境に適応する(2)--従来の機能を復活させる

海上忍
2009-12-07 20:37:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows 7には、従来型の「クイック起動」は存在しない。「デスクトップを表示」アイコンがなくなった代わりに、タスクバー右端の矩形ボタンをクリックすると全ウインドウを最小化してデスクトップを表示できるようになるなど、代替の機能は確保されているものの、どうにも居心地の悪さを感じているユーザーも少なくないはず。というよりあの矩形ボタン、気づかないユーザのほうが多いかもしれない。

 前回紹介した「Mouse Extender」は、クイック起動廃止後のラウンチャーということで紹介したが、やはりクイック起動とは機能も操作感も異なる。やはり以前のほうが……と感じるユーザも少なくないはず、ということで今回はクイック起動を復活させる方法を紹介してみよう。

1.タスクバー上で右クリックし、[ツールバー]→[新規ツールバー]を選択する
2.エクスプローラの「フォルダー:」欄に「shell: quick launch」と入力し、Enterキーを押す
3.Quick Launchフォルダーへ移動したことを確認してから[フォルダーの選択]ボタンをクリックすると、タスクトレイ上に「Quick Launch」という領域が作成される
4.タスクバー上で右クリックし、[タスクバーを固定する]のチェックが外れていることを確認してから、[ボタン名の表示]と[タイトルの表示]のチェックを外す

 以上の作業を行えば、Windows 7に「クイック起動」を復活できる。ドラッグして表示位置を[スタート]ボタンの右横に変更することもできるので、慣れ親しんだツールを手放したくない方にはお薦めだ。

クイック起動 このとおり、Windows 7でも「クイック起動」が使える
  • コメント(2件)
#1 anonymous   2009-12-08 15:07:12
ちゃんと復活できたとは・・ 実に「かゆいところ」だったので助かります。
#2 anonymous   2009-12-09 17:58:15
GJ!!
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]