MS運営のオープンソース開発プロジェクト支援サイト「CodePlex」を探検する(1)

海上忍
2009-11-17 18:44:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが無償公開していたWindows 7導入支援ツール「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」の配布が中止された。これは、オープンソースコードの不適当な利用につながるとの指摘受けての対応となる。詳細はこちらを参照いただくとして、問題はMicrosoft……ではなく、Microsoftのオープンソースに対する取り組み全般まで誤解される可能性があることだ。

 ここで強調しておきたいのが、同社が運営するオープンソース開発プロジェクト支援サイト「CodePlex」の存在だ。2006年オープンと日が浅いためか、日本語に対応していないためかはわからないが、メディアに露出する機会が乏しいにもかかわらず、着実に成果を重ねている。

 たとえば、.NETフレームワーク関連のものとしてはIronPython、SharePoint関連のものとしてはCommunity Kit for SharePointなど、Windows方面の開発者に知られたプロジェクトも多い。

 SourceForgeのような古参のオープンソースコミュニティに比べて知名度で劣るのは、やはりエンドユーザー向けの製品が少ないためだろうか。しかし、目を凝らして探してみると、そうでもないことがわかる。

 たとえば、ここに挙げるImage Resizer Powertoy Clone for Windows。これはコンテキストメニューから実行できる画像リサイズ機能だ。言ってみればアクセサリだが、このような小規模プロジェクトの数がホスティングサイトの生態系を形作っているのではないだろうか。というわけで、CodePlexに存在するWindows 7対応オープンソースソフトというテーマを、数回にわたりお届けしたい。

「Image Resizer Powertoy Clone for Windows」 画像をすばやくリサイズできる「Image Resizer Powertoy Clone for Windows」。32bit版と64bit版があるので注意が必要だ
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]