「Windows転送ツール」が転送しようとするファイルを調べてみた

海上忍
2009-09-28 11:28:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows 7で「Windows転送ツール」を使うと、移行元であるWindows VistaやWindows XPが動作するマシン上のディスクを検索、バックアップ対象に含めるかどうかの判定を自動処理する。厳密な判定基準は明らかにされていないが、Windows 7 RC版で試したかぎりでは、C:\Program Filesは対象に含まれず(手動による選択は可)、システム領域(ex. C:\WINDOWS、C:\RECYCLER)は手動による選択すら許されないなど、合理性ある判定が下されている。

 ユーザー領域である「Documents and Settings」は、対象に選んだユーザーのホームディレクトリ以下をバックアップしようとする。そこには「PrintHood」などの隠しフォルダも一部含まれるが、「Local Settings」や「SendTo」などデフォルトで除外されているフォルダもある。「Application Data」フォルダも原則除外されるが、IEの「Quick Launch」サブフォルダだけは含まれる。

 これはWindows XPを移行元としたときの設定だが、Windows転送ツールではアプリケーションの設定情報が完全に引き継がれることはない、と考えていいだろう。

 初期設定では、光学ドライブを除くC以外のドライブも転送対象に含まれる(RECYCLERなどのシステム領域は除外)。ムービーなど容量のかさむファイルが多数ある場合は、そのぶんバックアップに時間を要すことになるため注意が必要だ。

 さらに注意を要するのが、移行元がWindows XPかつ「Outlook Express」を利用しているケース。こちらについては、メールボックス(.dbx)のバックアップは可能だが、Windows 7側にWindows Liveがインストール済のときは少々厄介な話となる。

 この話題については、次回詳しく説明したい。

「Windows転送ツール」では、このように対象を吟味しつつバックアップすることも可能だ(画像をクリックすると拡大します) 「Windows転送ツール」では、このように対象を吟味しつつバックアップすることも可能だ(画像をクリックすると拡大します)
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ