速くなった「IronRuby 0.9」で開発が変わる?

海上忍
2009-08-07 22:45:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本格的なコーディングを開始する前にかんたんなプロトタイプを作成する、という開発者は少なくないはず。プロトタイプよりも前の段階、単なる発想が動作するかどうか試すことが目的の場合は、なおさらのこと余分なコーディングは避けたいところ。

 そんなときに重宝するのが、RubyやPythonなどのスクリプト言語だ。特にRubyの場合、日本語の参考文献が多いという事情もあり、多くの開発者に支持されている。

 そのRubyの.NET向け実装が「IronRuby」だ。8月1日にリリースされた最新版のv0.9では、パフォーマンスが大幅に改善、RubyベンチマークスイートではMRIの約2倍のスコアをマークしたという。Win32OLEライブラリもサポートされ、COM Interopを使用するアプリケーションの開発も可能になった。

 IronRubyは、MRIで記述したスクリプト(*.rb)も実行できるが、IR.EXEを利用したインタラクティブな処理に強みがある。Ruby標準ライブラリや.NETフレームワークを対話形式で利用できるということは、冒頭に述べたような”プロトタイプの前段階”で特に有用なはずだ。

正式リリースも近い「IronRuby 0.9」(画像をクリックすると拡大します) 正式リリースも近い「IronRuby 0.9」(画像をクリックすると拡大します)
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]