Windows 7の「ライブラリ」をコマンドプロンプトでコピーすると?

海上忍
2009-07-30 14:44:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows 7のエクスプローラに「ライブラリ」として表示されるフォルダは、XMLファイルとして定義され、ユーザのアプリケーションデータパス(%appdata%\Microsoft\Windows\Libraries)に保存される。

 このライブラリファイル(*.library-ms)は、エクスプローラでコピーすると通常のフォルダとして処理される(コピー後はライブラリにならない)が、コマンドプロンプトからコピーすると、通常のファイルでありつつライブラリの機能を備えた、少々特殊なファイルとして利用できるようになる。

 違いはプロパティを表示すれば一目瞭然。エクスプローラで作成したライブラリには「ライブラリ」タブしか表示されないが、library-msファイルには「全般」や「セキュリティ」タブも存在する。フォルダの追加や削除など、機能的には通常のライブラリと変わらないが、ファイルとしても扱えるようになるのだ。

 このlibrary-msファイルの使いみちだが、やはり移動できる点に着目すべき。たとえば、ライブラリフォルダの項目数が増えすぎてしまった、という場合には整理目的で役立つはず。ライブラリの機能は必要だがエクスプローラでアクセスしやすい位置に表示したくない、という場合にも使えることだろう。

library-msファイルを取り出すと、ファイルとしても扱えるライブラリファイルになる library-msファイルを取り出すと、ファイルとしても扱えるライブラリファイルになる
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]