Mac OS Xのアップデートで仮想環境のWindows 7 RCに問題発生

海上忍
2009-05-18 23:25:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「VMware Fusionで試すWindows 7 RC1」「MacBook Proに入れたWindows 7 RC1:プロセッサ構成の変更で体感速度が向上」もあわせてご覧下さい。

 仮想マシン上でのWindows 7 RC1のテストに関連し、タイムリーな情報が飛び込んできた。ホストOSをMac OS X 10.5.7にアップデートすると、ゲストOSにWindowsを利用している場合、3Dアプリケーションの速度低下や正常にレンダリングされない、などの問題を引き起こすというものだ。

 VMwareの開発チーム公式ブログ「TEAM FUSIONで詳細が報告されている。

 試しに、3Dグラフィックを使用するアプリケーションをいくつかテストしてみた。最初は「Vana'diel Bench 3」。起動後しばらくはなにも表示されない状態が続き(CPUはアイドリング状態)、タスクを強制終了するハメに。何度か繰り返すうち起動に成功するときもあったが、5回試したうち5回とも異常終了した。

 DirectX 9に依存しないものはどうかと考え、伝説のDEMOチームThe Black Lotus作のメガデモ「Contour」(1999年発表、主にOpenGLを使用)も試してみたが、こちらは異常終了しないまでも時折描画が崩れた。ホスト機のMacBook Proは、GPUとしてATI X1600を搭載しているので、TEAM FUSIONの指摘どおりMac OS X 10.5.7に起因する不具合に該当するようだ。

 ところで、Mac OS X 10.5.7へアップデートする前に関していうかぎり、VMware Fusionの3D描画性能はなかなかのもの。DirectX 9.0cをサポートし、前述のVana'diel Bench 3もゲームでの利用に耐えうるスコアを記録している。

 あとは、AppleおよびATIが修正版のドライバを配布するのを待つばかりだ。

決定的瞬間をスクリーンショットに撮ることは難しいのだが……時折明らかに描画がおかしい場面に遭遇した(画像をクリックすると拡大します) 決定的瞬間をスクリーンショットに撮ることは難しいのだが……時折明らかに描画がおかしい場面に遭遇した(画像をクリックすると拡大します)
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]