Windows 7はβからRCへアップグレードできる?

海上忍
2009-04-13 15:25:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows 7開発チームの公式ブログ「Engineering Windows 7」で、β版からRC版へのアップグレードには対応しない方針が確認された。RC版を導入する場合、クリーンインストールまたはVistaからのアップグレードが原則となる。XPからのアップグレードにも対応しないそうだ。

 この記事をよく読むと、バージョンチェックをバイパスすることでβ版からRC版へアップグレードする方法が示されている。手順はシンプルで、ダウンロードしたRC版のISOイメージの内容をHDDにコピー、そのsourcesディレクトリにある「cversion.ini」に「MinClient=7000」と記述するというもの。

 問題もいくつか確認されているとのことだが、ふと気付けばβ版を常用していた、というテスターにとっては朗報かもしれない。

 ただし、この制限はRC版からRTM版へのアップグレードにも適用されるという。RC→RTMをアップグレードで対処するとしても、より変更度合いが大きい(であろう)β→RCの段階でクリーンインストールを済ませておくほうが無難だろう。

cversion.iniの内容

[HostBuild]
MinClient=7000
MinServer=7000
  • コメント(2件)
#1 ohara   2009-04-15 00:36:24
データのバックアップとってからクリーンインストールが無難ということですか・・・・
結構ガシガシ使ってしまっているので、ちょっとシンドイ作業になるかもしれない。
#2 anonymous   2009-04-21 14:21:29
そもそもテスト版ですからクリーンで良いのではないかと。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]