Windows 7でSUAを使う

海上忍
2009-04-07 12:40:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SUAをご存知だろうか?正式名称は「Subsystem for Unix-based Applications」。旧称のSFU(Windows Services for UNIX)でご記憶の向きも多いかと思う。米国のSoftway Systemsから買収した「Interix」をサブシステムとして採用した、Windows用UNIX互換環境だ。

 このSUA、結論からいうとWindows 7でも動作する。β版(build 7000)の現在、標準装備という扱いではなくパッケージを手作業でインストールしなければならないが、最新版(v10.0.6030.0)のx86バイナリで動作を確認した。Kornシェルを使いしばらく作業したが、特に支障なく利用できるようだ。

 インストール方法だが、Windows Vistaのときとまったく同じと考えて差し支えない。「Windowsの機能の有効化または無効化」画面から「UNIXベースアプリケーション用サブシステム」を選択して先へ進むと、スタートメニューに「UNIX ベース アプリケーション用サブシステム」という項目が現れるので、それを選択すればダウンロードページにアクセスできる。DOS窓もCygwinもイヤだ、という向きには一度お試しを。

Windows 7でも「SUA」が動く(画像をクリックすると拡大します) Windows 7でも「SUA」が動く(画像をクリックすると拡大します)
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ