続・Windows 7 RC版の新機能 (1/2)

海上忍
2009-03-16 15:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows 7開発チームの公式ブログ「Engineering Windows 7」に、「A few more changes from Beta to RC…」と題された記事が投稿された。2月下旬に発表された内容の続編にあたるもので、27項目がリストアップされている。詳細は同ブログを参照いただくとして、ここでは要点のみピックアップしてみよう。

 UI関連で筆頭に挙げられるのが、タスクバー周りの改良。アプリケーションウインドウの表示方式に「リストビュー」を選択しているとき、ウインドウを閉じるには(XPライクな)右クリックしてメニューを表示しなければならなかったが、RC版ではマウスオーバーした項目の右端には「×」ボタンが出現、ワンクリックで閉じることができるという。

 Windows 7で追加された、タスクバー上のアイコンを右クリックするとファイル使用履歴などをポップアップ表示できる「ジャンプリスト」も改良。コントロールパネルとPowerShell、リモートデスクトップについても、各種の操作をジャンプリスト経由で行えるようになった。

 筆者が注目したのは「システムパーティションの仕様変更」。Windows Vista以来、「Windowsリカバリ領域」として200MBが割り当てられてきたスペースは、RC版では半分の100MBになるという。また、ボリューム名が不明な謎のパーティションとなっていたが、RC版からは「System Reserved」というボリュームラベルが割り当てられるとのこと。目立たない変更ではあるが、スッキリしたユーザも少なくないはずだ。

RC版では、リストビューから右クリックせずにウインドウを閉じることが可能になるRC版では、リストビューから右クリックせずにウインドウを閉じることが可能になる

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]