Windows 7時代はどうなる?--Cygwin

海上忍
2009-03-05 16:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Vista以前のWindowsでは、よく「Cygwin」を利用していた。Windowsでもシェルを使いたいがためにCygwin環境を構築し、日本語化したrxvtでファイル操作などの作業を行っていた。勢い余って、Cygwinの単行本を出したこともある(現在は絶版)。

 そのCygwinをWindows 7にインストールしてみたが、特に支障なく動作する模様。coreutilsなど基本パッケージのみ導入した状態で、GnomeはもちろんX Window Systemすら試せていないが、ことシェルに関していえば安定して使えるレベルにあると思う。もちろん、日本語環境の構築は別として。

 ところで、以前に比べるとCygwinのアクティブユーザが減っているような気がする。日本語環境を整備しようと思い立ち、Googleなどで最新情報をチェックしたのだが、ヒットする情報は数年前のものばかり。皆がMinGW + MSYSの環境へ移行したとも思えないし…… そういえば、Windows Services for UNIX後継の「Subsystem for Unix Application(SUA)」がUltimateにはあったはず。次回は、SUAの周辺事情について報告する予定だ。

Windows 7でも安定動作する「Cygwin」Windows 7でも安定動作する「Cygwin」

  • コメント(4件)
#1 anonymous   2009-03-08 12:53:29
というか、今は仮想化ソフト主流の時代です。
VMWare Workstation等の仮想ソフト上でLinux OSの仮想環境を構築し、利用しているのでしょう。
よって、Cygwinの存在意義はほとんどなくなってきているのが実情です。
#2 tsasaki   2009-03-12 12:18:30
仮想化に求める要件とcygwinのようなミドルウェアに求める要件は違うんじゃないでしょうか.CygwinはOSそのものをエミュレートしようとしているわけではなくて,主としてPOSIX仕様の一部をエミュレートするためのミドルウェアという位置づけだと思います.
#3 unakami   2009-03-12 15:48:58
皆さま、コメントありがとうございます。遅くなってすいません。
Cygwinの開発はいまも比較的アクティブで、パッケージ更新の通知は
注目度が高かった6~7年ほど前と比べても、さほど遜色ない印象です。
仮想化とはアプローチが異なりますから、一概に比較はできませんが、
必要とされるリソース(メモリ、CPU)が少ないという意味では、
Cygwinの需要は(たとえ細々とでも)あるんじゃないかな、と考えて
います。
#4 cocoa   2011-03-13 17:07:31
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]