UACの「昇格」ではなくsudoが欲しい

海上忍
2009-02-28 18:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コマンドプロンプトは、言わずとしれたコマンド実行ユーティリティ。シェルに相当するCMD.EXEは、bashやtcsh、zshといったUNIX系OS用シェルには及ばないながらも、ヒストリや入力補完といった補助機能も実装されている。バッチファイルを作成すれば、それなりの自動化処理も可能だ。

 しかし、CMD.EXEおよびコマンドプロンプトは十数年前からほとんど変わっていない。マルチユーザに対応したWindows NTに伴い、コンシューマの環境にも「管理者」という概念が登場したが、UNIXでいうところの「su」や「sudo」に相当する機構は実装されないままだ。Admin権限を持つユーザとしてログオンするか、メニューから[管理者として実行]を選択し、UACで昇格させれば「su」相当の作業は可能になるが、CUIからコマンドライン単位で管理者権限を行使できる「sudo」相当の機能はない。

 Windows 7でも、この仕様に変更はない模様。他のアプリケーションと統一された環境という意味では一貫性ありともいえるが、コマンドライン実行環境を提供するのであれば、やはりsu/sudoは欲しいところ。できれば、PoweShellへの実装を期待したいところだ。

UACでコマンドプロンプトを「昇格」させる手続きは、Windows 7でも変わらないUACでコマンドプロンプトを「昇格」させる手続きは、Windows 7でも変わらない

  • コメント(3件)
#1 anonymous   2009-03-03 20:42:00
runas コマンドではだめなんでしょうか?
#2 anonymous   2009-03-03 20:55:52
GUI なら別のユーザを指定して実行
CUI なら runas コマンド
API なら CreateProcessAsUser

いずれも Windows 2000 以降なら使えるかと思いますが
#3 unakami   2009-03-04 20:08:44
runas! そうですね、一言触れておくべきでしたよね。
すっかり失念していました……ご指摘ありがとうございます。

ただ、このコマンド、sudoのように(/etc/sudoersを使い)コマンド
単位で実行許可を与えられなかったような。sudoっぽいけど
違うなあ、という記憶があるのですが。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ