Windows 7 Updateの履歴を確認してみよう

海上忍
2009-02-23 19:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows 7 Team Blogに19日付で投稿された記事によれば、米国時間の24日からWindows 7 β1のユーザに対し、少なくとも5つのアップデータが提供されるという。

 ところで、このアップデータは「Windows Update」の動作確認が目的であり、新機能やバグフィックスはまったく含まれないとのこと。Windows 7 β版の初期設定では、毎日午前3時にアップデートの有無をチェックし、あれば自動的に更新処理を行うが、このアップデータは手動更新が必要だ。

 ちなみに、Windows 7 β版をインストールして以来、筆者の環境に適用されたアップデータは全部で12。うち9つがセキュリティ関連(Windows Defender定義ファイル)であり、やはり新機能や不具合修正らしいものは見当たらない。ローカライズが未完のアプリケーションが目立つなど、ところどころにβ版らしさを残すWindows 7だが、RC版が公開されるまでは現状のまま使い続けることになりそうだ。

Windows 7 β版をインストールして以来、筆者の環境に適用されたアップデータ。ほとんどがWindows Defenderの定義ファイルだWindows 7 β版をインストールして以来、筆者の環境に適用されたアップデータ。ほとんどがWindows Defenderの定義ファイルだ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]