単なるギミックではないWindows 7のジャンプリスト

海上忍
2009-02-16 17:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows 7のタスクバーには、「ジャンプリスト」という新機能が搭載された。タスクバー上のアイコンを右クリックすると、これまでに利用したファイル/フォルダなどがポップアップ表示され、すばやくアクセスすることができる。アプリケーションが起動中かどうかに関係なく利用できるため、起動してから「最近開いたファイル」にアクセスする、という従来の手順をワンステップ減らせるわけだ。

 このジャンプリスト、カスタマイズ性が高いことも特徴の1つ。WPF(Windows Presentation Foundation)ベースのUIを利用しているため、内容はXMLベースのマークアップ言語「XAML(eXtensible Application Markup Language)」で定義されるのだ。先日開催されたtech days Japan 2009では、Visual Studioを使いジャンプリストをカスタマイズするデモを行っていたが、そのような開発環境は特に必要なく、テキストエディタがあれば十分だ。

 もっとも、CONFIG.SYSの時代ではないのだから、この仕様をエンドユーザが意識する機会はほとんどないはず。Windows 7の正式リリース後には、ジャンプリストのカスタマイズツールが多数発表されるとは思うけれど。

tech days 2009 Japanで行われたジャンプリストをカスタマイズするデモ。マークアップ言語の基礎知識さえあれば、好みのジャンプリストを作成できるtech days 2009 Japanで行われたジャンプリストをカスタマイズするデモ。マークアップ言語の基礎知識さえあれば、好みのジャンプリストを作成できる

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]