Vistaで削除の確認画面を無効にする

文:Steven Warren(TechRepublic) 翻訳校正:原井彰弘
2008-01-25 16:30:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 最近、削除を確認するダイアログボックスが毎度表示されるのにうんざりしてきた。削除しようとしているということは言われなくても分かっているのだ。そうでなければ、Deleteキーなど押さない。だから、この確認画面には消えてもらいたいのだ。ここでは、この確認画面を無効にする手順を紹介しよう。

 普通、ファイルを削除しようとすると図1に示すようなダイアログボックスが表示される。

図1 図1

 この確認画面を無効にするには、まず「Recycle Bin」で右クリックを行い「Properties」を選択する(図2)。

図2 図2

 そして、チェックボックス「Display delete confirmation dialog」のチェックを外す。それだけだ。これで、ファイルを削除するときに削除の確認画面が表示されることはもうなくなる。

図3 図3
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ