Ubuntu 8.10を使ってみる

2008-11-07 18:00:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タブ機能は便利そうだが…

 さて、アップデートも無事に終えたので、安心してUbuntu 8.10の中身を見ていこう。

 [アプリケーション]メニューは、[アクセサリ][インターネット][オフィス][グラフィックス]などの7つのサブメニューと、パッケージを追加したり削除したりするための[追加と削除]メニューコマンドで構成されている。

 それぞれのサブメニューには、メールソフトEvolution、ウェブブラウザFirefox、OpenOffice.org、画像エディタのGIMP、ミュージックプレイヤーのRhythmboxなど、必要なアプリケーションが過不足なく用意されているようだ。

必要なアプリケーションが過不足なく用意されている 必要なアプリケーションが過不足なく用意されている

 [場所]メニューで[ホーム・フォルダ]や[文書]などを選択すると、ファイルブラウザが表示される。ちなみに、Ubuntu 8.10のファイルブラウザは、Nautilus 2.24.1である。

 Ubuntu 8.10では、このファイルブラウザにタブ機能が追加された。タブによって、複数のディレクトリを横断して内容を参照できる。ただし、筆者の場合、場所バーでの表示とタブの関係を直観的に理解できず、このファイルブラウザを初めて見たときに少し混乱した。

ファイルブラウザにタブ機能が追加されている ファイルブラウザにタブ機能が追加されている

 たとえば、ホームディレクトリ「masa-f」、そのサブディレクトリ「文書」と「音楽」のタブを開き、「masa-f」を表示しているとき、タブの上にある場所バーには「masa-f」とともに「文書」が表示されている。

 なぜ、場所バーに「音楽」が現れないのだろう。「文書」が表示されているのは、なぜだろう。場所バーに現在有効なディレクトリ「masa-f」だけが現れているならば、こんな悩みは抱かなかった気がする。

  • コメント(1件)
#1 anonymous   2008-11-09 14:31:53
メールソフトEvolutionを削除すると不安定になり再起動するとデスクトップにパネルが見えなくなってしまうバグはなおったのでしょうか?
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]