Ubuntu 8.10を使ってみる

2008-11-07 18:00:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ubuntuが使い勝手の良いデスクトップ環境を提供するLinuxディストリビューションとして注目されている。ここでは、2008年10月30日(日本では10月31日)にリリースされたUbuntu 8.10での追加機能、Nautilusでのタブサポートとゲストログインを紹介する。

まずはアップデート

 前回、Ubuntu 8.10をインストールしたマシンにログインしてみよう。ユーザー名とパスワードに、インストール時に設定したものを指定する。

 ちなみに、Ubuntuではユーザーrootでのログインはできない。root権限での作業は、すべてsudoコマンドを使う。

インストール時に設定したユーザー名とパスワードを指定してログインする インストール時に設定したユーザー名とパスワードを指定してログインする

 ログインすると、Ubuntu 8.10のニックネームである「Intrepid Ibex」(直訳すると「大胆不敵な野生のヤギ」)を描いたデスクトップが目の前に現れる。

Ubuntu 8.10のデスクトップ Ubuntu 8.10のデスクトップ

 しばらく待っていると、アップデートがあることが表示された。マシンを安全に使い続けるために、ここは迷わずアップデートを実行する。

パッケージのアップデートを促すアラートが表示される パッケージのアップデートを促すアラートが表示される

 この記事を書いている時点で、アップデート対象は6個だった。

アップデートマネージャによってアップデート内容が表示される アップデートマネージャによってアップデート内容が表示される

 [アップデートをインストール]ボタンをクリックすると、パスワードの入力を促される。これは先ほど示したようにsudoコマンドを実行するため。Ubuntuでは、sudoコマンドを実行するときのパスワードが、インストール時に作成したユーザーアカウントに対するものになっている。

sudoコマンドを実行するためにパスワードを指定する sudoコマンドを実行するためにパスワードを指定する

 パスワードを指定すると、パッケージのダウンロードが始まり、アップデートが実行される。アップデートが終了すると、再起動を促された。[システム]メニューで[シャットダウン]メニューコマンドをクリックして、マシンを再起動する。

アップデート内容を有効にするためにマシンを再起動する アップデート内容を有効にするためにマシンを再起動する
  • コメント(1件)
#1 anonymous   2008-11-09 14:31:53
メールソフトEvolutionを削除すると不安定になり再起動するとデスクトップにパネルが見えなくなってしまうバグはなおったのでしょうか?
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]