いまある材料でLionを予想(アピアランス編)

海上忍
2011-02-01 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleのウェブサイトが微妙に変わったことにお気づきだろうか? 画面上部のナビゲーションバーが明るいシルバーから黒みを帯びたメタリック調となり、製品も細かくカテゴリ分けされ閲覧しやすくなった。iPadやiPhoneでアクセスしたときには、カテゴリ内をフリックで見回せるようになった。ナビゲーションバーはともかく、操作しやすくなることは歓迎だ。

 しかしLionのこととなると、話は変わってくる。デザインにこだわるAppleのこと、OS XやiOSとチグハグな印象を与えるサイトデザインに敢えて変更するとは考えにくい。このタイミングで変更したことは謎だが、夏にリリース予定のLionにはこれに近いデザインが採用される可能性が高い。

今週突如として変わった、Appleウェブサイトのデザイン。ナビゲーションバーの色調に注目 今週突如として変わった、Appleウェブサイトのデザイン。ナビゲーションバーの色調に注目 ※クリックすると拡大します

 過去を振り返れば、OSメジャーバージョンアップのタイミングで、AppleはFinderやDockの見た目(アピアランス)に手を加えてきた。Public BetaからJaguarまでは青を基調としたストライプ、Pantherからはウィンドウフレームがクールなメタリック調に。Snow Leopardの現在ではメニューバーも含めメタリック調で統一されるに至り、もはや「Aqua」は有名無実化したと言っていい。

 とはいえ、若干の疑問も残る。現在AppleのウェブサイトにあるナビゲーションバーをそのままOS Xへ持ち込んでも、デザインの統一性を保てないのでは? ということだ。ウィンドウフレームとメニューバーがそのまま濃いグレーに近いメタリック調に置き換えられるか? そこまでやってしまうと、陰鬱な印象になってしまうような気がするのだ。

 そこで思い出したのがiOS。iOSでは、以前から画面上部のメニューバーならぬステータスバーには、黒に近い半透明色を採用していた。Appleのウェブサイトにあるナビゲーションバーの色調は、これに近くはないか?

 若干こじつけめいてきたが、App StoreやフリックなどiOSの成果を積極的に取り入れようとするLionのこと、ルック&フィールもそれに習う可能性もあるのではと考える。こればかりは、Appleの発表待ちだが……描画性能UPの後押しもあり、透過表示のさらなる多用はありえない話ではないと思う。

Public Betaから10余年……ポップなUIはメタリック調へと変貌を遂げた Public Betaから10余年……ポップなUIはメタリック調へと変貌を遂げた ※クリックすると拡大します
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]