Mac OS Xはコマンドも充実--「afconvert」でオーディオフォーマットを変換

海上忍
2010-09-03 14:06:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FinderやDockに代表される洗練されたGUIがウリのMac OS Xだが、なかなかどうして、コマンド環境も充実している。ドラッグ&ドロップのように、コマンドでは再現しにくい操作体系はともかく、スクリーンショットの撮影やソフトウェアアップデート、画像フォーマットの変更、Spotlightを利用したファイル検索などなど、こんな作業もCUIで実行できるのかと思わされることが度々ある。

 あまり知られていないのが、オーディオ関連のコマンドだ。特にAudioToolboxフレームワークを利用したコマンドは、フォーマット変換など便利に使えるものが多く、用法さえ理解しておけばバッチ処理をするときに役立つ。Automatorのシェルスクリプト実行用アクションで利用するなど、活用範囲も幅広い。

 必ず押さえておきたいのが「afconvert」。iPhoneアプリ用サウンドファイル(.caf)を作成するコマンドとして知る開発者は多いはずだが、AIFFやAACなど一般的なサウンドファイルのコンバータとしても便利に使える。

 afconvertコマンドの基本形は、以下のとおり。「-f」オプションでファイルフォーマット(ex. caff、m4af)を指定し、「-d」オプションにデータフォーマット(ex. aac、ima4)、「-b」オプションに左右両チャンネル合計のビットレート、最後に入力するファイル名を指定すると、拡張子部分を変えたサウンドファイルが生成される。なお、対応するフォーマットは「afconvert -hf」を実行すると一覧できるが、フォーマット「MPG3」は事実上機能しない(OS XにはiTunes以外のMP3エンコーダは存在しない)ので念のため。

$ afconvert -f mp4f -d aac -b 256000 SNDFILE.aiff

 生成したサウンドファイルの確認は、もちろんiTunesを利用しても構わないが、ここはやはりTerminalで完結させるのがスマート。こちらの書式はシンプルそのもの、引数にサウンドファイル名を指定するだけでOKだ。

$ afplay SNDFILE.mp4
afconvert 多様なフォーマットに対応するサウンドファイル変換コマンド「afconvert」※クリックすると拡大画像が見られます
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ